おすすめの地図・ガイドブック

おすすめの地図・ガイドブック

突然ですが、ガイドブック「歩く台北」を、熱く語ってもいいですか?

旅行記の中で、何度も登場してくる「歩く台北」地図ガイドブック
ここで「歩く台北」がどんだけ便利か、ちょっと熱く語らせてください!
読んで損はさせないよ!「歩く台北」大解剖。絶対欲しくなるはず。

これは2015〜2016年版「歩く台北」。
毎年夏頃新刊が出ています。(2017-18年版は、発売時期秋になるようです。詳しくはこちら。)
歩く台北の地図は、在住日本人のスタッフの方が、実際に歩いてチェックしているので、移り変わりの激しい台北のお店も、ちゃんと毎年アップデートされるんです。
だいたい8月ぐらいかなー、新刊出るの。

 

よくあるんです、去年はあったのに、なくなっているお店。。
超有名店でも、ふつうにそういうこと、あります。鼎泰豐だって、春水堂だって、過去に支店がなくなること、ありましたから。
逆に、数十メートル先にきれいな店舗となって新装開店している成功した屋台とか、狭いエリアに、何軒もチェーン展開しているお店とか。
だから、古いガイドブックは危険です。

 

特に最近は、台湾の地下鉄MRTの拡張がすごいので、毎回訪台するたびに驚かされます!
路線が延長していたり、新しい駅ができていたり、ましてや桃園空港からMRTで台北市内に行けちゃったり!?とかいろいろありますからね。ガイドブック・地図は最新のものを持ちたいものです。

 

格安,航空券,検索,台湾,スカイスキャナー

我が家の「歩く台北」は4冊目。

2015年は、何度か台湾旅行の機会があったので、もう、活動エリアのインデックスをパソプリで作って貼っちゃったもんね 笑。
インデックス貼るのはおすすめですよ〜。

 

地図の細かさ、範囲、豆情報は、年々充実しています。
トイレ情報やfree wi-fi情報なども!欄外も見逃せない情報が満載。
エリアごとに、美味しいお店や、お土産ショッピングに便利なお店の情報も写真付きで掲載されています。営業時間や料理の値段もちゃんと書いてあるところがかなり使える!
主要夜市の屋台の並びやジャンルまで、細かく地図に表示されてるし、下手に分厚いガイドブックより断然使えます。

 

特集もかなり(台北的に)旬で(日本人観光客的には)マニアックなものばかりでおもしろいです。特集とはいえ、たった2,3ページで拍子抜けすること間違いなし!なので、特集目当てでは買わないほうがいいと思いますがね。

 

ここからが本題。
「歩く台北」のキョーハンブックスさん、きちんと宣伝していますから、少し地図の画像を掲載させてください!

 

というわけで、観光スポットとしても人気の「中正紀念堂」近辺地図のページを参考に、この「歩く台北」地図ガイドブックのすごさを知ってもらおうじゃないか。

 

中正紀念堂周辺は、ショッピングスポットでもないし、ビジネス街でもありません。いたって普通の台北の街角です。
みなさん、中正紀念堂に行ったら、とりあえず、台湾ガイドブックには必ず載っている魯肉飯の有名店「金峰魯肉飯」に行くぐらいしか、することないと思いませんか?

 

ではでは、どんな町なのか、「歩く台北」の地図を見てみましょう…。

 

歩く台北,ガイドブック,台湾旅行,,地図

 

「中正紀念堂」近辺の地図をよーく見てみると、有名ガイドブックで取り上げられているようなお店が、実はいくつかあることに気付きます。

 

細かく見ていきましょう。
注目@「永和豆漿」・・・台湾朝ごはんの定番、豆漿屋さん。そこらじゅうにあるメジャーなお店です。有名店ではないけど、手軽な豆漿屋さんとして紹介されていることが多いお店。

 

注目A「南門市場」・・・ガイドブックの朝市特集などで、ちょこっと紹介されているような市場です。観光スポット「中正紀念堂」からこんなに近い所にあるんです。ついでに行けるじゃんねぇ。しかも駅も激近でアクセスがいいことがわかります。

 

注目Bスーパー「全聯(福利中心)」・・・ローカルスーパーです。わざわざガイドブックに載ってるスーパーまで、タクシーで行かなくったって、ほら、中正紀念堂の観光帰りに、スーパーでお土産調達できちゃいますよ!

 

注目C「八方雲集」・・・おいしいチェーン店特集とかで取り上げられている焼き餃子のお店。台北市内そこらじゅうにあります。ここにもあったね。安くてほんとにおいしいから、チェーン店がたくさんあって頼りになります。台湾のチェーン店は絶対に舐めてはなりません。

 

注目D「春水堂(人文茶館)」・・・タピオカミルクティーの発祥のお店と言われる「春水堂」。絶対どの台湾ガイドブックにも載っています。最近は日本にも進出していますよね。「春水堂」も台北市内いくつか支店があり、中正紀念堂敷地内の国家音楽廊の中にもあることがわかります。

 

 

どうですか?
中正紀念堂近辺の地図を見るだけで、こんなにも発見があるんです!!
観光プランも立てやすくなると思いませんか?無駄な動きしなくていいでしょう?

 

台北はそんなに大きな街ではありません。
コンパクトに旨味がぎゅっと凝縮されているので、特に弾丸日帰りになんかには向いていると思うんだよな〜。

 

ぜひ、この「歩く台北」地図ガイドブックを片手に、観光して欲しいと思います!薄くて軽いから、携帯するにはもってこいだし。

 

超方向音痴&地図の読めない私にも、目印が多くてわかりやすい地図です。(これがないと、旅行が怖いくらいだぜ…。)
スマホでマップ使うのもいいと思いますよ。
でも、「歩く台北」があれば、事前の旅行計画にも役立つので、スマホ派の方にもぜひ、一度手にとってみていただきたいなー!

 

「歩く台北」地図ガイドブックの魅力、伝わったかな…。

 

あ、買うなら、大きな書店かアマゾンで。
大きな書店でも、平置きではまず売っていません!棚の隅にひっそり1〜2冊、ささっている程度です。。。
アマゾンが確実かな!(下のリンクは2015〜2016年版の「歩く台北」ですが、新刊が出ている可能性大なので、クリックしたらよく見てみてくださーい!)

すみません、旅行記から話が脱線しすぎですね。
旅行記、続きをどうぞ!桃園空港から、台北市内に脱出しますよ〜。↓↓↓

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   


data-ad-format="autorelaxed"
data-ad-client="ca-pub-3477635761527709"
data-ad-slot="8022011514">


旅行記の目次に戻る

トップページに戻る

関連ページ

台湾に超速入国(入国審査注意点有り)
タイガーエア機が台北・桃園空港に着陸してから、想像以上に早く入国することができました。入国審査時に、帰国日本日&滞在先なしで、ちょっと疑われましたけど。空港、タイガーエアチェックインから観光まで、無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
桃園空港内で両替
超速で台湾入国を果たした私たち微熟女御一行様は、目に入った空港内の銀行窓口で両替です。無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
日帰り台湾旅行、いくら両替する!?
ただでさえ悩む両替金額。日帰り台湾旅行で、どのくらいお金を使うのだろう…。実際に使った額を基に、目安の金額を教えます!無駄に細かい弾丸日帰り台湾旅行記。
空港からの移動手段
今回の日帰り弾丸台湾旅行は、個人手配。もちろん空港送迎なんかありませんから、リムジンバスを使います。リムジンバスは、言葉のわからない私にとって、一番の難関・・・。
リムジンバス「長榮巴士」で台北市内へ
リムジンに乗り込めば、さっそく台湾観光スタートです。私たちにはチェックインするホテルはないのです!目指すは九ふん。さぁ、どこのバス停で降りる!?
忠考復興駅でリムジンバス下車
リムジンに揺られながら、台北市内に入ると地図と走っているルートを確認しながら、降りる場所で呼び鈴を押す!無事に目的地に着いたのか!?